その神社ならではの珍しいお守りや、ついつい手にしたくなるような可愛いお守りを紹介していく連載「今日のお守り」。今回は埼玉県さいたま市の浦和区にある調(つき)神社にお邪魔しました。

■鳥居がない珍しい神社


さいたま市浦和区、JR浦和駅から歩いて10分ほどの場所に、うさぎだらけの不思議な神社があるってご存知ですか?その名も調(つき)神社。地元の人にはつきのみや神社と呼ばれています。



入口には早速、狛犬ならぬ”狛ウサギ”がお出迎え。ちなみに鳥居がないのも調神社の特徴の一つです。

■手水舎まで…境内のあちこちにうさぎが



手水舎にもうさぎを発見。最初見たときは「口から水……?」と若干戸惑いましたが、とても可愛らしいですね。


先代の狛ウサギが飾られている場所もありました。こんなにうさぎがいるのは調神社の読み方に由来があり、”つき”が月と同じ読み方であることから、月の動物と言われたうさぎが守り神になっていったそうです。

■ツキにあやかって勝負事や受験を勝ち抜こう


ツキがあるということで勝負事のパワースポットとしても有名で、地元のサッカークラブである浦和レッズの選手も必勝祈願をしているのだとか。神社内の絵馬には”ツキ”にあやかって合格祈願をしている人も。


■お守りも御朱印帳もうさぎ


うさぎの絵柄が入った「縁結御守」「子授御守」は各800円。「子授御守」には子どものうさぎが描かれているのが細かいこだわりですね。そして可愛すぎる信楽焼のうさぎの置物は小500円、大1,000円。

ちなみに、御朱印帳や御朱印もうさぎが描かれているので要チェック。
ぜひ訪れてみてくださいね。

information
調神社
埼玉県さいたま市浦和区岸町3-17-25
JR「浦和駅」西口より徒歩10分
048-822-2254(受付時間9時〜16時)
http://www.stib.jp/info/data/tsuki.html

photo & writer:Haruka Yamamoto

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です