作者別: snapphotobase

review

レビュー:MACRO APO-LANTHAR 65mmF2 ASPHERICAL

フルサイズ対応ソニーEマウントの味わい追求レンズ

趣味性の高いレンズを数多く手掛けているコシナ/フォクトレンダーの新レンズ。65mmという個性的な焦点距離を持つマニュアルフォーカスのマクロレンズです! 65mmのレンズいうと、ライカのビゾエルマー65mmがあります。このレンズは個人的にちょっと憧れがあるものの使ったことがなく、今回MACRO APO-LANTHAR 65mmF2が初めての65mmレンズ。使い勝手は????でしたが、これが驚くほどしっくりくるレンズでした!

ちょうどレンズのレビューを担当していたときに岐阜県でロケがあり、MACRO APO-LANTHAR 65mmF2も持っていきました。普段は35mmや50mmの単焦点レンズを愛用しているのですが、85mmの中望遠レンズも違和感なく使うことができるタイプでして、中間の65mmも標準レンズの延長の感覚で使うことができました。

金属のローレットが美しいレンズで、フォーカスリングのトルクなどもうっとりしちゃいます。最短撮影距離から無限遠まではかなりフォーカスリングを回す必要がありますが、レンズの造りがしっかりしているためそれも苦じゃなく逆に楽しかったり。ピントの山も掴みやすく、MFを敬遠しがちな方でも問題なく使えると思います。

レンズの詳細はこちら。
http://www.cosina.co.jp/seihin/voigtlander/e-mount/e-65mm/







さて描写ですが、正直ぶっ飛びました! 煌びやか。濃厚。立体感◎。そして、散策をしながらの撮影に65mmは使いやすい画角ですし、寄れるって本当に便利です。オールラウンダー。これ1本でお出かけが楽しくなります。

フッと浮き上がるような立体感というかリアリティーある描写は素晴らしいのひと言。でも、どこか味わいもあり、それがフォクトレンダーブランドのすごいところだと思います。優秀なのにクセがある、というのは本来は相容れないもの。同じくフォクトレンダーのULTRON 40mmF2を僕は愛用しているんですが、あのレンズもまさに優秀なのに味があるんですね。これは完全にブランドの方向性でしょう。

        

遠景、中距離、マクロ。どれを取っても印象的に描写します。ソニーα7、α9シリーズのセンサー性能のゆとりを十分に引き出すレンズではないでしょうか。
review

レビュー:YONGNUO 50mmF1.8

リーズナブルなチャイナ製レンズの実力はいかに?

キヤノンのEF50mmF1.8とそっくりな鏡胴デザインの中国製レンズ。アマゾンなどで見かけて気になっていた方も多いと思います。実勢価格は5000円ほど。新品でありながら気軽に購入できる価格帯、しかし純正のEF50mmF1.8IIの中古相場とほとんど一緒。どうせなら純正がいいのではないだろうか、と迷うものの、ひょっとしたら味がある写りをするかもしれないとも考えてしまったり、なんとも絶妙な流通価格だと思います。

あまり情報もないし、よし人柱につもりで入手してみようと思い立ち購入。届いてみると、本当にキヤノンそっくり。でも、マウント部はプラスチックですし(純正のII型は同じくプラスチックマウントなのでどっこい)、重量が異様なまでに軽くかなり不安になってきます…。いざカメラに装着。オートフォーカスはギーコギーコ音がします。ちょっと前のレンズのような使用感ですが、それなりに動きます。

さてさて描写はどうかと言いますと、しっかりと写ります! ボケ味も悪くなく、発色もしっかり。絞り込めば解像感もあります。開放時は少しフワッとする傾向にあるでしょうか。そのくらいの粗があったほうが使っていて楽しいかもしれません。


こちらがYONGNUO 50mmF1.8。キヤノンEFマウントのAFレンズでフルサイズにも対応しています。アマゾンで普通に流通しています。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00VA23F9U


EOS 6D+YONGNUO 50mmF1.8の作例です。しっかり写っていますよね!